本文へスキップ

Ayers Rock エアーズロック

「キャメルファーム」 可愛いラクダ達に会えるキャメルファーム
「展望台」 エアーズロックをバックに記念の一枚
「ムチジュルの水湯」 決して枯れないと信じ続けられている伝説の泉
「カタ・ジュタ」 自然が造り出した幻想的なオルガ岩群は必見





  アボリジニの聖なる大地で6億年という歳月を経て完成された「地球のヘソ」エアーズロック。
ゆっくりと流れる時間の中、世界で最も過酷なアウトバックの自然環境を生き抜いた先住
民族の知恵と勇気に思いを馳せる。
所属州  ノーザンテリトリー<北部準州>(NT) 
州面積  134万9,130ku(日本の約3.8倍) 
人口  エアーズロックリゾート内約1,000人(ノーザンテリトリー24万人) 
気候  準乾燥気候 
日本との時差  +0.5時間 

より快適にお過ごしいただくために

エアーズロックの気候
エアーズロックは1年を通して乾燥しており、特に夏季の10〜3月は気温が非常に高くなり
ます。冬季の4〜9月にかけては、朝・晩はかなり冷え込み氷点下5度まで気温が下がる
こともあります。また、風が強い日もありますので服装には十分お気をつけください。
服装・装備
1年を通して日中は日差しが強いため、日焼け止め、サングラス、帽子などをお持ちくださ
い。ツアーには、歩きやすい靴でご参加ください。登山をされる方は、滑りにくい靴を選
びましょう。また、夏場はハエが大量発生することがあります。人間に危害を及ぼすハエではありませんが、ハエよけネットがあると便利です。
水分補給
日中の散策が含まれるツアーにご参加の際は、1.以上の水をご用意ください。常に十分な水を携帯してこまめに水分補給をすることをお勧めします。

ウルル(エアーズロック)の登頂について

ウルル登山に関して
ウルル登山は、片道1.6Km/往復3.2Kmで平均登り約1時間、下り約45分間かかります。
最初の600mは45度以上の急斜面となり設置されている鎖を使って登りますので、
軍手などがあると便利です。残り1kmは岩肌に描かれた白い点線に沿って登ります。この部分はつかまる所がありませんので、滑りにくい靴は必須です。登山路は一本道ですので、帰りは同じルートをそのまま戻ります。
登山口の閉鎖
強風、雨天、高温など安全上の観点から登山口が閉鎖される場合があります。登山口が開閉の判断は国立公園管理局に委ねられています。
登山に関する注意事項
登山は傾斜が厳しく、きつい登山となる為、心臓や呼吸系に疾患をお持ちの方、高血圧と低血圧の方、高所恐怖症の方、妊娠中の方、太りすぎの方、当日の体調が優れない方、アルコールを摂取した方は登山をご遠慮ください。

ウルルの頂上に足跡を残すなら今??

近年、エアーズロックを訪問するお客様より「ウルルの登山が20X X年○月から禁止になると聞いたのですが本当ですか?」という質問をいただく事があります。確かに、ウルル-カ
タ・ジュタ国立公園が発行した2010〜2020年の管理計画書によると、現時点では具体的なスケジュールは発表されていないものの、ウルル登山は今後2020年までの間に閉鎖になるという方向性が明示されています。この国立公園管理計画書では
◎国立公園と観光業界が共同で登山に代わる新しい観光のアトラクションを開発した場合
◎国立公園を訪問する観光客の目的がウルル登山以外の別の目的になった場合
◎ウルル登山を希望する観光客の人数が訪問全体人口の20%以下になったとき
3つのうちのいずれかの条件が満たされた場合、18ヶ月の猶予期間の後、ウルル登山を閉鎖するという案内がされております。国立公園が近年に発表した結果によると、現在は国立公園を訪れる約38%の観光客がウルル登山を目的としているそうです。1990年の調査結果の74%から考えると旅行目的が多様化している事もあり、登山のために国立公園を訪れる観光
客の数は減っている傾向にはあるようです。

エアーズロック周辺の気候は、砂漠地帯の典型として非常に空気が乾燥しており、昼と夜そして夏期と冬期での気温差が大きいのが特徴。真昼の日中は40度以上に達することも珍しくなく、冬期の朝晩には氷点下になることもあります。1年を通して気温が常に高い熱帯性気候とは異なるので、服装等も極端な気温差を考えて準備する必要があります。

※詳しい天気情報はこちら(英語)から

場所:セイルズ イン ザ デザートホテル受付内
電話番号:(08)8957-7442 毎日: 9:00〜16:00
(エアーズロックリゾート内各ホテルお部屋からの内線番号は7442)
日本語インフォメーションはエアーズロックリゾートが提供しているサービスになり、日本旅行が提供しているものではありません。
上記営業時間以外の時間帯は、現地係員がお渡しする「24時間日本語ホットライン」へご連絡ください。

日本語ツアー案内

ツアーに関しての日本語お問合せ
AATキングス
(08)8956-2021
毎日 08:30-16:30



































































メールほっとライン